お客様の声【株式会社奥村設計事務所様】



2002年の創業より、人の暮らしを豊かにすることを存在意義とし、「真心」と「誇り」を持って成長を遂げてきた奥村設計事務所。

今回は、創業者である代表取締役奥村真次様にお話をお伺いしました。
このページでは、【土木積算システムSUPER ESCON Plus】をご利用いただいているお客様の声をご紹介いたします。
数ある積算システムの中から【SUPER ESCON Plus】を導入しようと思った理由から、現在の利用状況、今後の課題等をお伺いしました。
積算システムの導入をご検討中のお客様は、ぜひご参考にしてみてください。

株式会社奥村設計事務所様のご紹介

会社名 株式会社奥村設計事務所
住所 本社:愛知県名古屋市名東区上社四丁目31-1
東京オフィス:東京都江東区住吉2-8-11 あいおいニッセイ同和損保 江東ビル
URL http://www.om-s.co.jp/
設立 2002年4月
登録

建設コンサルタント(鋼構造及びコンクリート部門/施工計画、施工設備及び積算部門)
測量業

URL http://www.om-s.co.jp/

御社の事業概要および強みについて教えてください。

我々の事業は以下の3本柱です。
①構造設計部門
 難易度の高い構造物の設計業務も様々な解析ソフトを活用し対応します。
②施工計画部門
 現場を熟知した技術者が、高い精度の施工計画・仮設設計を行います。
③BIM/CIM部門
 3次元CADの活用はもちろんですが、自社でのプログラム開発や
 3Dプリンタ導入など、建設DXに向かって先進的な取り組みをしています。

いずれの事業も先進的で高度な技術を有しているため、全国から依頼は絶えません。
お客様に満足いただける成果品が、ご提供できていると思いますね。

SUPER ESCON Plusを導入する前の課題は何でしたか?

導入前は表計算ソフトで積算業務を行っていましたが、単価の更新・管理に手間がかかり、表計算ソフトは入力が自由な半面、間違いが起こりやすく、結果的にチェックに時間がかかり、非効率な業務になっていました。
その上、積算業務は経験が必要で誰でもできるわけではないため、特定の技術者にさらに負荷をかけてしまっていました。


SUPER ESCON Plusを導入するきっかけは何でしたか?

元々、綜合システムの設計計算システムを使用していたので、積算システムがないかと相談したのがきっかけです。
デモを見せてもらいましたが、直感的に使いやすそうでしたし、コストパフォーマンスも高かったので、すぐに導入を決めました。
当初は2ライセンスの契約でしたが、いまでは5ライセンス契約しています。

SUPER ESCON Plusを導入してどのような効果がありましたか?

デモで感じたとおり、直感的に使いやすく、特に抵抗なく使い始めることができました。
導入してからは、積算業務にかかる時間が約70%削減されたと思います。
過去の設計書も共有できるため、それを参考に若手でも積算業務ができ、教育にも役立っています。
また、書籍がなくても積算業務ができることから、テレワークにも適していますね。

SUPER ESCON Plusの活用方法について教えてください

弊社で請け負う設計業務は、施工計画が複雑です。
しかし、概算工事費といえ、発注者の予算に影響しますので、高い精度が求められます。これは、積算業務の正確性とスピードが両方求められるため、弊社でもベテランでなければできませんでした。
しかし、SUPER ESCON Plusの機能を活用していくことで、
ベテランの負担を軽くすることができました。
例えば、独自の単価・代価の登録機能を使い、ベテランが用意した単価情報を共有することで、他の社員でもスピーディに概算工事費を算出できるようにしています。
また、データ共有機能を使用することで、上長のチェックも設計書をExcel出力することなく、画面上で迅速に行うようにしています。

SUPER ESCON Plusに期待することはありますか?

弊社では、鉄道関係やNEXCOの仕事もあるので、国土交通省以外の基準にもぜひ対応してもらいたいですね。
それから、SUPER ESCON Plusを1つのクライアントPCで同時に複数起動できるようになれば、過去の設計書を確認しながら入力できるのでミスや漏れが防げたり、若手がベテランの作成した過去のデータを参照しながら入力することもでき、積算手法を習得するのが容易になるでしょう。
現在は前年度バージョンで起動して画面上で参照しています。
さらなる進化を期待しています。